入居のしおり
01.集合住宅のルールとマナー 02.快適な生活のために 03.防犯のために
04.防災のために 05.もしもの時のQ&A 06.入退居時の手続き

防犯のために

外出時はもちろんですが、油断しがちな在宅時は特に防犯の意識を持つことが大切です。
在宅時は内側から鍵を掛け、知らない人が訪ねてきた場合はまずウインドアームを掛けた状態で応対しましょう。
女性のひとり暮らしの場合は特に用心を。
日頃からご入居者どうしでコミュニケーションを取っておくことも大切です。

鍵の管理について

鍵の取り扱いには細心の注意を払い、合鍵を作ることはやめましょう。
もし鍵を紛失した場合は、すぐに管理会社にご連絡ください。
その後、防犯のために原則として鍵シリンダーも取り替えますが、他業者には依頼せず、必ず管理会社に対応してもらうようにしてください。
特に共用玄関にオートロックを採用している場合は、他業者に依頼した場合、共用玄関が開けられなくなります。
尚、費用はご入居者の負担となります。

▲ページトップへ戻る

サッシの防犯機能

クレセントの側面には上下式のダブルロックが付いています。
クレセントとともに閉めておきましょう。また、サッシにはクレセントの他に、下部に補助ロックが付いている種類もあります。
クレセントだけでなく補助ロックも掛けておくと、外部からの侵入に対していっそう安心です。

▲ページトップへ戻る

ウインドアームの活用

玄関ドアには、ドアチェーンと同じ機能を持つウインドアームが付いています。初対面の人へは、まずウインドアームを掛けて応対し、防犯に役立ててください。

▲ページトップへ戻る

雨戸の活用

窃盗犯の場合、ガラスを割って家の中に侵入するケースが多くみられます。雨戸がある場合は、外出時に必ず雨戸を閉めるようにしましょう。

▲ページトップへ戻る

振込め詐欺・訪問販売の対応について

集合住宅は、ダイレクトメールや訪問販売、各種勧誘等のターゲットになりやすいものです。
中には詐欺まがいのものや正規代理店や行政機関を装う等、悪質な業者も存在しますので、安易に信用せず、慎重な対応を心がけてください。
また被害を受けた場合は、速やかに警察へ通報するとともに、管理会社へもご一報ください。

管理会社の名前を用いて「賃貸料の振込先が変更になりました。今後は下記の銀行口座にお振込みください」という内容の通知文を配布し、賃貸料をだまし取る事件が発生しています。
不審な文書や案内を受けた場合は、必ず管理会社に問い合わせてください。
また被害を受けた場合は、速やかにお知らせください。

管理会社から訪問販売の依頼や、斡旋は一切しておりません。
「管理会社の了解を得て〜」等、不審な業者が訪問したときは、管理会社まで確認してください。

▲ページトップへ戻る

もし被害にあったら…

万一、盗難などの被害を受けた場合、管理会社に対して損害額の賠償請求はできません。
ただし泥棒等加害者に対しては、もちろん損害額を請求できます。


▲ページトップへ戻る