入居のしおり
01.集合住宅のルールとマナー 02.快適な生活のために 03.防犯のために
04.防災のために 05.もしもの時のQ&A 06.入退居時の手続き

もしもの時のQ&A

ここでは、賃貸住宅での生活で起こりがちなトラブルと簡単な対処のポイントを、Q&A形式で分かりやすくまとめました。
基本的な知識を知っておくと、万一の場合にも応急処置を施すなど適切に対処できます。
その他お問い合わせ、ご相談は、管理会社までご連絡ください。

水まわり

[ 子どもがトイレの錠を誤って中から掛けてしまった・・・。]

ドアの外側の錠穴を、コイン等で回すとロックが解除され、ドアを開けることができます。

[ 水洗トイレが詰まったら? ]

水をためた状態で便器の排水口にラバーカップ(吸引用具)を密着させ、静かに押付けて勢いよく引く、という動作を繰り返すとたいていの詰まりは取れます。
ラバーカップを使用するときは、便器を透明のビニールシートで覆い、汚水が飛び散るのを防ぎましょう。ラバーカップはDIY店(ホームセンター)で販売しています。

[ 水洗トイレの水が流れなくなったり、止まらなくなったら? ]

●水が流れない場合
ロータンク内の排水弁を動かす鎖が、引っかかっているか切れていて、排水弁が開かなくなったと考えられます。
ロータンク内を調べ、鎖が切れていたら応急処置としてビニールひも等でつないでおき、早めに管理会社にご連絡ください。

●水が止まらない場合
排水弁の劣化や、排水弁と排水口との間に砂やゴミが挟まって、しっかり閉じていない可能性があります。ゴミを取り除き、排水弁に劣化やキズがある場合は取り替えてください。
また鎖がよじれて排水口を塞げなくなっている場合、一旦鎖をはずして少したるむ程度に掛け直してください。


それでも止まらない場合は、応急処置としてロータンク下の止水栓をドライバーで回し、閉じます。それから管理会社までご連絡ください。


[ キッチンや洗面台、お風呂、洗濯機の排水口が流れにくかったり、詰まったら? ]

流れにくかったり、詰まりの主な原因は、キッチンは油や生ゴミ、洗面台やお風呂は髪の毛、洗濯機は糸クズなどです。
いちばんの対処は、こまめなお掃除です。1カ月に1度は行いたいものです。
キッチンや洗面台が詰まってしまったら元栓を閉め、トラップの下に汚水を受けるバケツを置き、トラップのネジをはずして内部に詰まったゴミを取り除いてください。
お風呂、洗濯機の排水口はベル型の場合、目皿を外して異物やゴミを取り除いてください。


[ キッチンや洗面台の水栓のハンドルを締めても水が止まらない場合は? ]

応急処置として、止水栓を閉じてください。
洗面化粧台、キッチンの場合はキャビネット内の手元止水栓で止めます。
止水栓のない水栓(洗濯カラン等)の場合は各々の屋外水道メーターボックス内にある元栓を閉めてください。
それから管理会社までご連絡ください。

[ 水道管から水漏れしていたら? ]

すぐに水道メーターボックス内の元栓を閉めます。2階の場合は下に漏れる恐れがありますので、すぐに拭きとってください。
それから管理会社までご連絡ください。


▲ページトップへ戻る

電気

[ 停電でもないのに電気が切れたら? ]

安全ブレーカ、漏電ブレーカのどちらが切れるかによって、原因と対処方法が異なります。

●安全ブレーカが切れる場合

(1) 切れた安全ブレーカ回路での電気の使い過ぎ
(2) 使用している電化製品が配線の短絡(ショート)により、過電流が流れている場合
(3) 建物側の電気設備の故障

以上の原因が考えられます。
対処としては、まず、切れる安全ブレーカの回路のコンセントに接続されている電化製品のプラグを、すべて外してみてください。

それでもまだ安全ブレーカが切れる場合は、建物側の電気設備(照明・壁内配線等)の故障の可能性が高いと言えます。すぐに管理会社にご連絡ください。

●漏電ブレーカが切れる場合
これは漏電が起こったということです。
次の方法で対処してください。

(1) 分電盤のブレーカを全部切ります。
(2) 漏電ブレーカを復帰し、安全ブレーカを1つずつ上げてください。

この方法で再び漏電ブレーカが落ちれば、その安全ブレーカの回路が漏電していることになります。

他の回路の電気は使えますが、漏電した部分は至急修理する必要がありますので、管理会社にご連絡ください。

[ テレビの映りが悪くて困ったら? ]

テレビがよく映らない……そんな場合はアンテナやテレビの故障、電波障害等が考えられますので、以下の点を確認しましょう。

(1) 電源が、コンセントから抜けていないか?
(2) アンテナ(フィーダー・同軸ケーブル)は外れていないか?
(3) アンテナが倒れていないか?
(4) 外部にある共用電気のブレーカスイッチが下りていないか?
(共用アンテナ増幅器が設置されている場合は、電源が切れると増幅器が働かなくなります)
(5) お隣のテレビの映り具合。(故障がテレビかアンテナかを判断できます)
(6) 地域によってVHFまたはUHFの受信が異なります。
転居前の地域と異なっている場合は、テレビ自体のチューニングをやり直す必要があります。

※電波障害の場合は直らない場合があります。またCATVの場合は、当該会社の管轄担当にご連絡ください。

▲ページトップへ戻る

ガス

[ ガスが急に出なくなった場合は? ]

ガスのマイコンメーターには地震や流量異常等を感知する機能がついていますので何かものが当たったためにガスが遮断された可能性があります。
まずマイコンメーターのところへ行き、表示ランプが赤く点滅していれば、ガスは遮断されています。
その場合は、右記の手順で復帰できます。
その他の異常があった場合は、すぐにガス会社までご連絡ください。

(1) すべてのガス元栓を閉める。   (2) 復帰ボタンのキャップをはずす。   (3) 復帰ボタンを強く押す。ランプの点灯を確認する。   (4) 手を離して2分間待つ(マイコンがガスの安全をチェック)
ランプの点滅が消えるとガスが使えます。
             

※長時間一定のガスを使用していると(煮物、ガスストーブ等)、マイコンメーターが働く場合があります。
頻繁に止まる場合は、所轄ガス会社までご相談ください。

▲ページトップへ戻る

その他

[ ガラスが割れたら? ]

防犯上、応急措置のまま放置せず、至急管理会社にご連絡ください。

[ 玄関ドアの鍵を紛失したら? ]

玄関ドアの鍵を紛失したら、とりあえずマスターキーまたは予備の鍵で解錠してください。
その後、管理会社へ鍵のシリンダー交換を依頼してください。
防犯上、合鍵を作るのはやめてください。

[ 玄関ドアの錠(シリンダー)を交換するときは? ]

錠はマスターキーに合うものが必要です。交換は必ず管理会社へご依頼ください。

[ 室内の住宅用火災警報器が、火災でもないのに鳴り続ける場合は? ]

製品寿命が近づいていることや、故障をお知らせする警報音ですので、管理会社にご連絡ください。

[電動シャッターが停電などで止まってしまったら?]

スイッチによる操作はできませんが、手動で開閉することが可能です。
モーター負荷がかかるため多少重くなりますが、できるだけシャッターの中央を持ってゆっくりと開閉してください。

[ 雷で電子機器の作動がおかしくなったら? ]
(洗濯機、給湯器、エアコン等)

近所に落雷があったとき等、ショックで誤作動を起こし、正常な命令を受けつけなくなることがあります。
正常な状態に戻すには、一旦、電流を遮断すれば回復します。
コンセントを抜くか、分電盤の回路を切ってから再び入れ直してください。
タイマー等の設定が必要なものについては、もう一度設定し直しましょう。(機器の使用説明書を参考に)
電源を入れ直しても回復しない場合は、機器の故障と考えられますので、管理会社にご相談ください。

▲ページトップへ戻る